Z会小学生コース中学コース高校コースZ会出版資料請求各種データ評判(口コミ情報や感想)模試用語集

小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その1 のページを説明

小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その1

小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その1

Z会の通信教育講座のうち小学生コース(小学1年生・2年生コース)は、子供の学習指導の上で大事な
家庭学習を補助するための役割を果たすための添削講座と言えるでしょう。

小学生の特に幼稚園から小学校に通いたての子供は、
まだ家で学校の宿題をする、学習机に向かうといった習慣付けがされていません。
この家庭学習の習慣化は、なるべく早く身に付けさせておきたいものです。

なぜなら、なるべく早く子供の教育習慣を付ける事が、
今後、中学受験、高校受験、大学受験までスムーズに行くかどうかの鍵を握る為です。

■勉強が出来ない子供、成績が上がらない子供の共通点

勉強の出来ない子供と出来る子供の違いって何だと思いますか?

脳に違いがあるとか、元々の能力に差があると言えば、それも一因としてあるかもしれませんが、
小学生のレベルで、能力の出来不出来なんて大差ない訳です。

ですが、実際は成績にばらつきがあり、出来ない子供はそのまま出来ない流れで、普通の中学生、高校生へと、
出来る子供は難関私立中学や名門高校へと行ったりする訳です。

これは、ほとんどの原因が、「集中力の差」です。

出来る子供は、家で学校の宿題やプリントをやるにしろ、きちんと勉強机に向かい、仕上げようと努力します。
出来ない子供は、それらをしようと思っても余計なTVや漫画などに興味が行ってしまい、勉強はホッタラカシ・・・。

つまりは、きちんと学習机に向かうというルーティンワーク(規則正しい学習活動)が出来るかどうかだけが、
成績の差異になって現れるのです。

■勉強をさせるのではなく、習慣付けをさせるために

小学生の1年生や2年生の頃は、子供もどうやって勉強して良いのか分かりません。
そこで、大事なのは貴方が子供をきちんと学習の仕方を教えてあげるという事です。

Z会の通信教育の教材は、その点を上手くサポートしています。
小学生低学年のうちは、「わくわくペアスタディ」のような親と子供が一緒に勉強するような教材もありますし、
会員専用サイト「ペアわーくクラブ」で経験学習をするコーナーもあります。

上手く、子供が勉強机に向かうような習慣付けを促すような仕組みになっていますので、
お子さんもすんなり学習できると思います。

事実、Z会の小学コースの体験談や感想を見ると、やっていて楽しいという方々の声が多いのが印象的です。

勉強をさせるにも、考える力を育てるためにも、まずは、勉強する事に興味を持って貰わなければ始まりません。
その事を考えると・・・

Z会の通信教育の小学生コースは、子供の年齢に合わせた学力の向上心を促すシステムが整っている

こう言えるのかも知れませんね^^

なお、当サイトでは、Z会の資料請求の受付も行っています。
資料請求は無料ですので、お気軽にどうぞ。

今なら、資料請求された方限定で、色々役に立つ無料プレゼントもあります。

>>【通信教育のZ会】教材見本を始め、各コースとも役立つ情報誌プレゼント中! 詳しくはこちら

[PR] Z会|Z会公式サイト|