Z会小学生コース中学コース高校コースZ会出版資料請求各種データ評判(口コミ情報や感想)模試用語集

小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その2 のページを説明

小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その2

Z会通信教育講座小学生コース(1年生・2年生コース)の概要その2

前回の記事(小学生1年生・2年生コース概要その1)でも書きましたが、
「学習の習慣付け」を行う事は、学力向上や成績向上、中学受験以前の問題で、とても大事な事です。
これが出来ない事には、始まらないと言っても良いでしょう。

さて、この小学生コース(低学年)の特徴を下記にまとめてみます。

■考える力(知性)を育てる事を重視している

全体的な、教材や強化学習の流れを受けてみると、思いのほか、基礎を重視する傾向にあるのが分かります。
その基礎とは、やはり「国語と算数」です。

まず、国語については、言語表現を正しく理解しなければ、問題の読解も出来ませんし、文章の理解も出来ません。
そのために、教材の科目の中でも特に国語は力を入れた内容になっています。
「読む」「聞く」「書く」「話す」をきちんとマスターできるような基礎が十分盛り込まれており、
言語能力の育成を重点的に考えられている事が分かります。

同時に言語能力と一緒にきちんと成長させるべきなのが、「思考力」です。
思考力は、算数の教科で育成される問題形式になっています。
具体的には、教材は、通常の学校の宿題のような単純に答えを出すだけの問題ではなく、
答えが出るまでのプロセスを論理つけて考えさせられる問題になっています。

したがって、「何がどうなって、結果こうなる」といった計算上の筋道を立てて理解する力を付ける事ができるので、
思考力を育てる=考える力を育む、というような教材になっています。

Z会のホームページに、算数の問題サンプルがありましたので、参考にしてみれば良いかと思います^^

>>Z会の小学1年生、2年生コースの算数問題サンプル

■内面的な感性を育てる事を重視している

Z会の小学1・2年生コースの教材には、国語と算数しかありません^^;

理科と社会はどうなるの?

こう思われるかも知れませんが、社会と理科の代わりに、「経験学習」という教材があります。

この経験学習のテーマは色々です。
家の近所の地図を作成したり、ちらし寿司をを作ったり・・・。
これらは、学ぶ力を育てるよりは、感性を育てる事に着目した内容になっています。

子供は色々な経験を通して、自分なりの感性を育てていきます。
それが好奇心に繋がり、色々な事を学ぼうとする姿勢に発展もします。
また、それらを通して「社会性」や「人とのコミュニケーション能力」を発達させていきます。

学力だけでなく、こうした個人の感性を伸ばす部分も着目しているのが大きな特徴だと思います。

■親子で学ぶ工夫がされている

親は子供の勉強を良い方向に導いてあげる必要があります。
褒められたり、励まされると、子供も努力しますし、その能力も開花していきます。
しかし、その子供への教育方法が分からないといった方も多いのではないでしょうか。

Z会の教材には、「わくわくペアスタディ」という教材があり、これは、子供とその親が一緒に学ぶための教材です。
親御さんには、子供を正しい方向へ導いてあげるための指導書、子供には問題集と、セットになって教材が送られてきます。

一緒に学んでいく事で、お互いの理解を深め合うとともに、子供の可能性を伸ばしていく・・・そんな教材になっています^^

また、親御さんには、子供の教育を考える上での専門誌
「zigzag time(ジグザグタイム)」と「zigzag info(ジグザグインフォ)」が送られてきます。

そこでは、同じZ会の小学講座を受講している方との交流の場や子供の育て方、
学習指導方法等役立つ話題が載っていますので、子育ての参考にする事も出来ます。

このように、Z会の小学生1年生・2年生講座には、子供の総合的な基礎能力向上とともに、
親御さんにも一緒に成長するような工夫が多数盛り込まれています。

子供に無理矢理強要するような指導方法では、子供も挫折してしまいます。
やはり、一緒になって学ぶ事で、子供も伸びますし、勉強の仕方を覚えていくんでしょうね^^

なお、当サイトでは、Z会の資料請求の受付も行っています。
資料請求は無料ですので、お気軽にどうぞ。

今なら、資料請求された方限定で、色々役に立つ無料プレゼントもあります。

>>【通信教育のZ会】教材見本を始め、各コースとも役立つ情報誌プレゼント中! 詳しくはこちら

[PR] Z会|Z会公式サイト|