Z会小学生コース中学コース高校コースZ会出版資料請求各種データ評判(口コミ情報や感想)模試用語集

小学生コース(1年生・2年生コース)の教材(教科書)の概要【教科学習編】 のページを説明

小学生コース(1年生・2年生コース)の教材(教科書)の概要【教科学習編】

Z会の小学生コース(1年生・2年生コース)の教材(教科書)の概要【教科学習編】

Z会の教材(教科書)は、Z会出版で参考書や問題集を数多く販売している実績もあり、
分かりやすくかつ応用力がつく問題が多いのが特徴です^^

とは言え、小学生コースのしかも低学年と言うと、応用力を覚える前に、
勉強を行う姿勢や家庭学習のやり方を覚えさせる事が大事であるために、
そちらに重点を置かれた教材内容になっています。

と言う事で、今回は、小学1年生・2年生コースの教材の特徴をまとめて見ます^^

教材(教科書)の概要【教科学習編】

Z会の小学生低学年の問題集の項目としては、2種類あります。
つまり、「教科学習の問題集」「経験学習の問題集」です。
「体験学習の問題集」については、次回で解説するとして、今回は、体験学習の教材(教科書)の概要について解説します。

教科学習の教材(教科書)の概要
教科学習の教材(教科書)については、下記の4教材について、成り立っています。
  • 「わくわくペアスタディ」
  • 「ドリルZ」
  • 「てんさくもんだい(添削問題)」
  • 「わくわくペアスタディ(学習の手引き)」
それぞれ詳細を解説します。

◆「わくわくペアスタディ」について

国語と算数の教材です。(理科・社会はありません。代わりに体験学習があります)

国語と算数の問題は、1年生が8回分、2年生は10回分の学習内容になっていて、親子で一緒に取り組む教材です。
こちらについては、親御さんが一緒になって、勉強のやり方や家庭学習の習慣付けをきちんと指導する必要があるため、
事前に保護者の方は「わくわくペアスタディ(学習の手引き)」を読んで、サポートしてあげて下さいね^^

◆「ドリルZ」について

こちらは、子供が一人で取り組む教材で、国語と算数の自習用ドリルですね^^
国語・算数の回数は1年生は12回分、2年生は15回分です。

◆「てんさくもんだい(添削問題)」について

こちらも、子供が一人で取り組む教材で、国語・算数の各1枚のシートになっています。
その回での教材の理解度を添削者が判断する材料になりますので、親御さんは手伝う事はできません。
もし、理解度が足りないような時などには、適切に散策指導員がサポートしてくれますよ。

◆「わくわくペアスタディ(学習の手引き)」について

こちらは、親御さん向けの教材です。その中には、今回の教材の解答と解説が載っています。
子供の理解度が足りない時、学習に上手く取り組んでくれない時など、活用して貰えば、
アドバイスなどが多々掲載されていますので、その都度参考にして貰えば、
適切に子供も学習に取り組んでくれますよ♪

Z会の通信教育の特徴は、お子さんの年代に適した教材とサポートを心がけている事にあります。
特に小学生コースの場合は、親御さんが、面倒を見ないことには、子どもも学習しようという気にはなりません。

上記の教材では、「わくわくペアスタディー」で親御さんが子供に勉強のやり方や、家庭学習の習慣付けを行い、
「ドリルZ」で徐々に子供が一人でも勉強するようにするという、
いわば子供の家庭学習の一人立ちを後押しするような感じの教材です^^;

最終的には、子供が一人でもきちんと自宅で勉強してくれる事が親に取っては一番嬉しい事ではないでしょうか。
こういった習慣付けは、年齢が経てば経つほど、難しくなります。
だからこそ、小学生低学年の間にこのような取り組みを行う必要があるのですね☆

Z会の通信教育講座は、「子供の家庭学習の自立」の応援教材です。
学力向上と同時に、子供の自立を促すための豊富な実績がZ会にはあるので、
子供の教育問題で悩みをもたれている方は、利用してみるのも良いでしょうね^^

どうしても、子供が家庭学習に取り組んでくれない・・・とお嘆きの方も、
Z会では、専門のアドバイザーの「アドバイスコール」も利用できますので、子供の学習を良い方向に持っていってくれますよ(^-^

なお、当サイトでは、Z会の資料請求の受付も行っています。
資料請求は無料ですので、お気軽にどうぞ。

今なら、資料請求された方限定で、色々役に立つ無料プレゼントもあります。

>>【通信教育のZ会】教材見本を始め、各コースとも役立つ情報誌プレゼント中! 詳しくはこちら

[PR] Z会|Z会公式サイト|